交通事故の賠償金に関する示談は弁護士に依頼するメリットが大きい

事故というのは、様々な刑事処罰やそれから保険会社での話し合いのもと双方の過失割合に応じた支払などを命じられてしまいますが、最終的には示談という形で双方の話し合いを終わらせることになります。

示談までの間は双方の保険会社を通じながら、または直接本人との中でトラブルに生じてしまうようなこともあるのですが、交通事故の示談をする際に必ずしも弁護士が必要だと思っている人もいるようです。

確かに話がしっかりまとまらずどちらか一方がおどかされてしまうような事があったり、話し合いに全く応じないということがあれば、最終的には弁護士の力を借りて示談にすることとなるのですが、そうでなければ基本的には保険会社同士の中で話し合いが行われ、示談になっていくといった形になります。

とはいえやはり自分の過失割合、それから自分が被害者であった場合に受け取れる慰謝料に関して納得ができないという人は沢山いるため、保険会社での弁護士特約などを使いながら弁護士に頼るという人もたくさんいるようです。

交通事故の示談で弁護士は必ず必要ではないが依頼するメリットは大きい

必ず必要なわけではありませんが、交通事故に詳しい知識を持った弁護士にお願いをすることで話がスムーズに行くのはもちろんのこと、保険会社から提示された金額だけではなくそれ以上大きな金額での慰謝料などを受け取ることができるといった部分も大きなメリットになるでしょう。

近年では交通事故を専門に扱っている弁護士でも最終的にもらうことができる慰謝料などが大きく変化しなければ、弁護士費用は必要ないといった内容で依頼を受け付けてくれているようなこともありますので、どうしても話し合いの結果納得がいかないようであれば弁護士にお願いをしてしっかりとした法律のもと示談交渉に向けて取り組みを行っていく方が良いのかもしれません。

保険会社は最低レベルの基準で慰謝料を計算しているので不満が残りやすい

保険会社は最低レベルでの慰謝料の支払いそれから治療費もろもろの支払をしていますので、ここで納得がいかないようであれば、まずは徹底的な話し合いをする必要があるのですが、保険会社を相手に話し合いをしていても素人が相手にしてもらえるケースが非常に少ないので、ここで弁護士の登場ということになります。

弁護士特約があれば弁護士費用の心配をする必要もありませんが特約がない場合には弁護士費用を考えなければなりませんので、このような部分についてまずは頼れる弁護士に相談してみるというのも一つの方法になってくるでしょう。埼玉県川口市で交通事故に強い弁護士事務所 | 弁護士法人翠

また、万が一自分が被害者になっており、加害者側から脅かされてしまうケースや、反対に加害者でありながら、被害者もしくは被害者の知人などに脅かされてしまうといった場合には、やはり専門的な知識を持つ弁護士さんにお願いをして、交渉を進めていくのが身の安全のためにもなるといえるでしょう。

加害者の態度や行動についてよく観察しておくことが大事

交通事故現場で加害者がよく言うセリフに次のようなものがあります。「この事故がばれると免停になってしまう、責任をもって補償するので、なんとか警察へ届けることだけは止めてほしい」。こうしたセリフを聞くと、ケガが軽い場合には被害者としては、つい同情したくなるかもしれません。

でもこうした申し出は絶対応じてはいけません。なぜならこうした申し出は口先だけで、本心から言ったことでないことが往々にしてあるからです。軽いケガだと思っても、後でどんな後遺症が出るか分かりません。また警察へ届けないと加害者側の保険を受けることもできません。その上被害者の保険の請求もできなかったりすることがありますし、できたとしても証明がないため面倒な手続が必要になります。したがって加害者の言葉にまどわされず、被害者側からの警察への通報を止めたりしてははいけません。

概して加害者は最初こそ低姿勢で謙虚な姿勢を見せますが、日時が経過するごとに自分の立場だけを考えて、被害者に対しては図々しくなっていくものです。こうしたことを踏まえた上で、被害者は事故後の加害者の様子をよく観察しておくことが大事です。

事故の様子について話したことを加害者に書面にしてもらう

事故についての記録は、被害者が残したものだけでは一方的になることもあって、もう一つ公平性に欠けます。

したがって、より公平な判断を仰ぐためには、事故の様子について双方が話した内容を加害者側に記録してもらうことです。

こうすれば後々の「言った、聞いていない」の類の争いを避けることができますし、その後の加害者の陳述の矛盾点などを指摘することもできます。

こうしたことを含めて被害者側としては、警察への報告において、できるだけ事故の様子を鮮明かつ詳細に行うためにも、事故後の加害者の行動については、じっくり観察する必要があるのです。

被害者の保険でも交通事故の補償が受けられないかを調べてみる

一般的に交通事故の被害者の補償は加害者側が加入している保険によってなされます。でも場合によっては、被害者側が加入している生命保険や傷害保険、あるいは交通事故傷害保険や団体保険などでも交通事故によるケガのどの補償が受けられることもあります。

これは生命保険などの特約事項として、交通事故の補償を認めているケースがよくあるからです。生命保険だけでなく郵便局の保険でも交通事故のケガに対して保険金が出る場合があります。更に金額は低いとは言え、市町村の共済でも保証金が出ることもあることも忘れてはいけません。

交通事故では加害者の保険だけでなく、被害者の保険の活用を忘れてはいけない

交通事故の補償では被害者は往々にして加害者側の保険での補償だけに焦点をあてがちになり、被害者自身の保険について考えが及ばないことがよくあります。

でも被害者がかけている保険にも交通事故の補償対象になるものが多くあることを忘れてはいけません。まず生命保険ですが、この保険には特約と呼ばれる付帯契約事項に交通事故で入院した場合の補償が認められているものが多くあります。

生命保険だけではありません、郵便局の保険や市町村の共済などでも交通事故に対して保険金が支払われるものは多くあります。

それに掛け金が低い掛け捨て保険にも補償が受けられるものはあります。したがって、交通事故の場合は被害者側の保険を総ざらいして、保険金の有無を確かめてみる必要があるのではないでしょうか。