交通事故の過失割合はどのように決められるのか?

交通事故というのは誰もが起こさないように気をつけながら車の運転をするものですが、不慮の事故というのは自分で考えていないようなタイミングで起きてしまうものです。
もちろん原因に関しては、ついうっかりとしていた凡ミスをはじめとしてその他にもどうしても避けられなかったようなもらい事故などもあるのですが、このような交通事故というのは必ず過失割合を決めることになっています。
過失割合が大きければ大きいほどその分運転免許証の減点なども大きくなってくるため、可能な限り過失割合を少なくしたいと思うのは当然のことだといえるでしょう。

過失割合を決めるのは警察ではない

この過失の割合によって最終的に支払う慰謝料などに関しても大きな変化が現れてくるので、このような部分からも自分の過失そのものを少なくしたいというのは当然のことです。
さてこの過失割合についてですが、交通事故が起きてしまった時には必ずといって良いほど警察および双方で現場検証などを行っていきます。
その後保険会社との話し合いになっていくのですが、過失割合を決めているのは警察だと思っている人がたくさんいるようです。
しかし実際には警察ではなく保険会社がこの過失割合を決めているので、勘違いのないようにしてください。
警察というのはあくまでも事故が起きてしまった際の事故現場検証を行い、さらには処分等に関して最終的に決定するため交通裁判所への報告を行っています。
一方保険会社の場合には双方での過失割合を決めた上でどれだけの負担をするのかという部分について話し合いを進めていく立場ですから、事故証明書を提出した後で双方の過失割合が決定すると思っていた方が良いでしょう。

過失割合に納得いかなければ弁護士に依頼して抗議すべき

ここで過失割合に納得できないといった場合には保険会社ともめてしまうことなどもあり、さらにはお互いに話をするだけでは決着がつかず、裁判に持ち込まれてしまうようなこともあります。
可能な限り円満な解決をしていくためには自分の過失をしっかり認めることになりますが、あまりにも理不尽な過失割合を言い付けられてしまったなどの場合には、やはり抗議をしていくべきだといえるでしょう。
近年では様々な保険内容に弁護士特約などを組み込めるようになっていますので、こうした特約を上手に利用しながら徹底的に納得のいく結論となるように取り組んでいかなくてはなりません。

途中で諦めてしまえば、本来支払う必要のなかったお金までを支払わなくてはならなくなり、保険会社に迷惑をかけるだけではなく加入している保険の等級なども大きく下がってしまうため、月々の保険料の負担が大きくなるといったデメリットもあります。
過失割合を決める前の段階で、まずは本当に納得できるものなのかを加入の保険会社、そして相手の保険会社と話し合いをしながら進めていくようにしましょう。