交通事故を起こしたのにもかかわらず救護義務を行なった場合はどうなる?

時々テレビのニュースなどでも目にする事がありますが、自分で事故を起こしておきながらその場から立ち去ってしまおうとする人がいるようです。
このような場合には、ひき逃げもしくは当て逃げとして必ずといって良いほどわかってしまうことですから、決してそんな事はしないでおきましょう。
また車を運転するドライバーさんは必ず万が一事故を起こしてしまった際などには救援をしなければいけないといった義務が定められており、この義務を無視してその場を立ち去ってしまうようなことがあれば、当然ながら法律に違反しますので道路交通法違反となってしまい、その後の処罰に関しても非常に厳しいものとなります。

万が一加害者になったら絶対に被害者の救護を行う

万が一加害者になってしまった場合、相手がさほど怪我をしていないからなどとその場に待機しているのではなく、必ず相手の怪我がないかどうかを確認するのはもちろん、重症な状態であれば即座に救急車を呼ぶようにしてください。
あとになって保険会社との話し合いを進めていくのですが、ここでの救護処置というのは示談交渉に非常に大きな影響を及ぼしてくるものですので覚えておかなくてはなりません。
救護処置に関して詳しいことがわからなければもちろん何もすることができないと思ってしまう人もいるかもしれませんが、まず救急車を呼ぶこと、そしてその後警察に連絡を入れることなどは誰でもできることです。
たまたま携帯電話の充電が切れていて救急車呼ぶことができなかったなどという場合であっても、近くを通りすが

被害者を放棄してしまったら道路交通法違反で厳重な処罰を受ける

事故が起きてしまう場所というのはある程度の人通りもしくは車通りなどがありますので、このような部分で周りに助けを求める人がいなかったなどというのは理由になりません。
例え歩いている人がいなくても通っている車がなくても近くの家に駆け込んで電話を借りることや応援を要請することはできるはずです。
このようなことはせず、被害者を放置してしまった場合などは上記したように道路交通法違反となり、その後非常に大きな厳重処罰を受けることになりますので覚えておきましょう。

自分ではどうすることもできないような大きな事故を起こしてしまった場合、もしくは巻き込まれてしまった場合には仕方がないことですが、そうでない限りは被害者側の体をまず心配し適切な連絡などを行うようにしましょう。
事故を起こしてしまった際に自分の免許の点数が気になってしまい、その場を離れてしまいたくなる人もいるようですが、車の運転をするので、このように自分の気持ちが先だってしまうのであればむしろ、万が一の事故を避けるため車の運転はしない方が良いとも言えます。

ドライバーとして車の運転をする以上はこの辺りの認識をしっかり持って運転しなければなりません。