交通事故被害に巻き込まれ怪我があるなら絶対に物損事故にすべきではない

交通事故被害に巻き込まれ怪我があるなら絶対に物損事故にすべきではない

交通事故を起こしてしまった場合であっても巻き込まれてしまった場合であっても人身事故なのか、物損事故なのかに分けられるのですが、特に加害者になってしまった立場の人が物損事故にしたいといった傾向があります。
どのような事故なのかによってもちろん違いは出てくるのですが、基本的にけが人などがでなければ、人身事故として扱われることは少なく、多くの場合で物損事故になります。
しかしこの場合であってもお店や家屋などに車ごと突っ込んでしまったという場合には物損だけではなく人身事故につながっていくような可能性もあります。

加害者にとっては物損事故になったほうが助かる

人身事故の場合には、けが人が出てしまった場合をはじめとして、死人が出てしまった場合はもちろんですが、相手の車に人が乗っていればこれだけでも人身事故になる可能性が高くなります。
しかし事故を起こしてしまった本人としては、やはり物損事故の方が良いと主張する傾向にあるのですが、これはどうしてなのかというと物損事故の場合には刑事的な責任を問われたり免許証への減点処分がないからです。

よほど大きな物損でない限りはこのような部分で自分にとってのデメリットが非常に少なくなるため、人身事故ではなく、物損事故として扱って欲しいドライバーさんばかりではないでしょうか。
一方で人身事故になってしまった場合には刑事的な罰則はもちろん、その他にも免許証の減点などがあるため相手を怪我させてしまったという部分以外にも自分自身へのデメリットが非常に大きいと考えられます。
人身事故もしくは物損事故を最終的に決断するのは警察となっているので、必ず事故を起こした場合には警察を呼び、その場で対処することが大切になるのですが、人身事故になってしまったからといって必ずしも自分ばかりが大きな慰謝料など支払うというわけではなく、保険会社通じて様々な話し合いの結果お互いの過失割合が決まってくるので、例え人身事故であってもさほど大きなダメージを食らわずに済むこともあります。

相手に怪我をさせているならいさぎよく人身事故にする

万が一自分が加害者になってしまった場合には、もちろん人身事故として扱わないように物損事故としての処分をお願いするのですが、それでもやはり相手がいた場合には難しいことになりますので、しっかりと自分の不注意を反省しながら人身事故としての処分を受けなくてはなりません。
人身事故と物損事故にどのような違いがあるのかが分からず、疑問に感じていた人は上記したような違いがあるので覚えておくと良いでしょう。
また反対に考えてみればご自分が事故の被害者になってしまった場合さほど大きな怪我をしていないにもかかわらず、大騒ぎをしてたくさんの治療費や慰謝料もらおうなどと言う頭を働かせないほうが良いです。
しっかりと保険会社を通じながら双方間で適正な話し合いを進めていくようにしましょう。